不動産M&Aを利用する|民泊の面倒な手続きは代行業者に依頼しよう
ウーマン

民泊の面倒な手続きは代行業者に依頼しよう

不動産M&Aを利用する

会社

上手な不動産の売却方法

不動産を持っている会社を企業買収するには、不動産M&Aに詳しいコンサルタントに相談する必要があります。企業買収の手順を間違うと不動産処理についての税負担が大きくなる場合があるからです。不動産M&Aコンサルタントには企業買収における不動産に関するノウハウがあるので、有利な買収になるようにサポートしてくれます。そのため企業買収する場合に多くの会社が利用します。一番良い方法は不動産を所有する会社を買収してもすぐに合併しないことです。買収された会社は所有する不動産を売却して自分の会社を清算します。そのあとに合併すれば買収側の会社は、残余財産の分配を受けることができます。この場合の分配金はみなし配当になるので法人税非課税所得にできるのです。このように不動産M&Aコンサルタントを利用することで、節税のできる企業買収が可能になります。

不動産売買を非課税にする

一般の企業買収をサポートするM&Aと不動産M&Aの大きな違いは、前者が法人の事業取得を目的としていることです。それに対して不動産M&Aというのは、法人が持っている不動産の取得が目的になります。そのためいかに節税効果を上げるかがメインになります。不動産M&Aのサポートを受ければ、会社の売り手側にとってもメリットがあります。法人ごと売却することによって株式譲渡に当たり、経営者の手取りが多くなります。法人税などの課税も消費税も非課税にすることができるのです。買い主にとっても不動産を法人ごと買収する方がメリットがあります。株式取得に当たるので不動産取得にかかる税金がかからないのです。不動産売買契約と違って、被し売買契約は非課税です。