意外な利用法|民泊の面倒な手続きは代行業者に依頼しよう
ウーマン

民泊の面倒な手続きは代行業者に依頼しよう

意外な利用法

紙幣

不動産投資は不労所得として利用できるだけでなく生命保険としても利用できます。これは意外に思われるかもしれませんが、投資用の不動産は団体信用生命保険が適用されるのです。そのため、たとえば、もし生命に危険があったときには、投資用不動産をローンなしで遺族に残すことが可能なのです。ローンがありませんので、家賃収入から毎月収入を得られるだけでなく、それが面倒くさいのであれば売却することも可能です。安いものでも数百万円単位で売却されますので、高いものであればかなりの金額になります。不動産投資と聞くとお金を得るための方法というイメージがどうしても強いですが、実際には生命保険としても使えて、幅広く利用できるものなのです。

不動産投資は経済の影響をほとんど受けません。たとえば、インフレ誘導政策を政府が実施してお金の価値が下がって物価が高くなったとします。これまでは100万円で購入できていたものが150万円出さないと買えなくなったとしても、不動産の価値はこうした物価の上昇と連動しています。つまり、物価が上がれば不動産の価値もが上がります。これは賃料に関しても同じことが言えます。そのため、景気の影響でインフレーションになったとしても不動産投資は全く影響を受けません。また、不動産投資は税金対策にもなります。現金をそのまま自分の子供や孫に相続させる場合には高い相続税がかかります。しかしながら、不動産投資でその資金を使っておくと相続税を低くすることができます。