男性

民泊の面倒な手続きは代行業者に依頼しよう

不動産M&Aを利用する

会社

不動産を所有する会社の企業買収では不動産M&Aコンサルタントを利用します。売却する側にとっても買収する側にとってもメリットがあります。法人ごと売却することによって、通常の不動産売買とは違って非課税にすることができます。買収する側にとっても株式取得ということで、不動産取得にかかる税金が不要になります。

もっと読む

マンション投資で資産形成

マンション

老後に向けた資産形成などで投資用マンションはかなり人気となっています。しかし金額の大きな事業だけにひとたび狂いが生じると人生設計にも影響が出てしまうのです。十分にセミナーに参加するなどして、自信をもって投資用マンションの購入の判断ができるようにしましょう。

もっと読む

家を手間なく宿泊施設に

説明

家を宿泊施設に

近年では民泊という言葉が流行りですが、その内容としては旅行者など一時的に部屋を貸すというものです。この民泊が行えるようになったのはインターネットの普及が大きく関与しています。以前であれば宿を探すためには予め旅行代理店やホテルや旅館などに予約を入れる必要がありましたし、自ら電話帳や地図で探す必要がありました。しかしインターネットによってそれらの手続きがパソコンやスマートフォンなどの情報端末から行えるようになり、探すことが容易になり、さらに一歩進んで本格的なホテルや旅館ではなく個人が空いている家や部屋を貸すといったこと行われるようになり、それらが民泊と呼ばれるものになります。またこれら民泊の貸したい側と借りたい側とを結びつけるインターネットサービスとしてairbnbが発展してきており今後も需要は伸びる傾向にあります。

行う上での注意点

民泊を行う以上は、家や部屋を民泊用に改装する必要があります。最低限の設備として利用者には就寝できるスペースを提供する必要があります。またairbnbなどに登録して利用者の募集も行わなければなりません。このため何かと手間が掛かるもので、それらを行う代行会社というものが登場しています。代行会社ではairbnbなどへの登録から対応を行うものや、宿泊できるように改装の手配や、運用時の清掃や消耗品の補充などを行ってくれるものもあります。代行会社を利用することで家や部屋を収益化することができるメリットがあります。また代行の多くは利用が発生した時に料金が発生する仕組みが多く稼働率が低いからといって民泊を運用する上でのコストが発生しないメリットもあります。

意外な利用法

紙幣

不動産投資にはいろいろな役割があります。その1つとして生命保険としても利用することができることが挙げられます。また、景気の動向にも影響を受けませんし、相続税の節税対策にもなります。非常に利用価値の高い投資です。

もっと読む